物価上昇に伴う生活費の増加に対応し、「インフレ手当」の支給に踏み切る企業が出始めました。食料品や電気代、ガソリン代の値上げが相次ぐ中、社員の生活上の不安を払拭(ふっしょく)し、仕事に集中できる環境を整える狙いがあります。

jiji.com/jc/article?k=2…

— 時事ドットコム(時事通信ニュース)(@jijicom)Wed Jul 27 22:40:52 +0000 2022

インフレ手当は、現在、1年の最初の4カ月間の労働者の総支給額の約20%に設定されていますが、来年以降、段階的に導入される予定です。目標は、労働者が1年前に稼いだであろう金額と同じ金額を支払うことである。 

インフレ手当がいつまで実施されるかは明らかではない。しかし、多くの企業が長年にわたって一度はインフレ手当を提供しており、中には従業員福利厚生として提供している企業もある。 日本南部の都市、福岡にある食料品店で働くある従業員は、「うちはもうしばらく前から提供しているので、少しは定着していますよ」と語った。 

 手当は特定の労働者に保証されるわけではなく、役職に関係なくすべての労働者に適用されることがある。日本の総務省(MOIC)の数字によると、多くの食品会社やガス会社が2014年の初めから毎年約13〜14%値上げしている。 東京のあるデパートの店員は、「ここ1年ほど、基本的な商品の価格を毎年10%ほど上げている」と話す。

老後のために貯めていたお金も同じだけ上がっていると。 東京のコンビニエンスストアの店員は、本当に大変です。住宅や食料などの支払いに十分な収入がないのですから。と彼女は言いました。 また、インフレが国を金欠に追い込むという懸念も高まっている。 京都の食料品店の店員は、ジャパンタイムズに「最大の懸念は、我々の通貨がますます高くなることだ」と語った。

政府は金融刺激策を増やすことで経済成長を促すためにできる限りのことをしているが、インフレは進む一方だと

インフレ手当だと。

これはまずい。自営業者は放置されてる。誰一人取り残さないとか言っておいて、これはまずい。 pic.twitter.com/uKMdC6c3wJ

— lowwaystar(@lowwaystar)Thu Jul 28 11:36:59 +0000 2022