「安倍晋三銃撃の原因が統一教会だという事実を認めてしまうと統一教会を批判しなければならなくなる。でも世話になってきたし共依存関係だから批判したくない」というジレンマに苦しむ自民党。できれば「無かったこと」にしてしまいたいからNHKに報道させない自民党。でももう無理だ。 pic.twitter.com/2SauoxLm5n

— akwillakwill(@akwillakwill)Mon Aug 01 22:07:17 +0000 2022
話はまだ進展しており、安倍晋三を撃った男が元統一教会信者で、カルト信者であった可能性があることが分かってきた。このことが大きな問題になることは望まないが、自民党が今後も統一教会と密接に連携していくのであれば、このような展開になったことを認識し、適切な対策を講じなければならない。 

日本政府は、このようなことが二度と起こらないように、必要な措置を講じるべきです。自民党が今後も統一教会と密接に連携していこうとするならば、統一教会の本質をしっかりと理解する必要があります。また、日本政府は、統一教会の内部で何が起こっているのか、彼らがどのように真相を抑圧する行動をとっているのかに注意を払うべきです。 

 統一教会は日本で最も重要な政治団体であり、日本の安定を維持するために行動している可能性が高いのです。