赤いきつねと黒い豚カレーうどんが、お盆に載って運ばれてきた。 「……」 「なんだよ、そんな顔して。俺だって好きで食べてるわけじゃないんだぞ」 「いやあ、やっぱりすごいね、君は」 「何が?」 「そういうのはもう、才能だよね」