焼き芋ブリュレ フラペチーノを頼み、それを片手に二人でベンチに腰掛ける。 「あー……美味しい」 「そうね。たまにはこういうのも悪くないわね」 いつもならコーヒーとか紅茶を飲むところだけど、今日は特別だ。 「なんかこうしてるとカップルみたいですね」 「まぁ、傍から見たらそうでしょうね」 「否定しないんですか?」 「別に私とあなたがどうこう言われても私は気にしないからね」 そう言いながら先輩は俺の方を見つめてくる。